A-key function 大学生が始めるべきネットビジネス起業

大学生のうちに始めるべきネットビジネス・資格などを紹介してます。

Facebookページのデザイン方法(画像のサイズや気を付けるポイント)

   

費用:0円 時間:20分程度

そういえば、Facebookページのデザインについて記事をこれまで書いていなかったので、ちょっと書いておこうと思います(*^_^*)

 

sponsored link

画像のサイズ

ページのプロフィール写真:
  • コンピュータでは170×170ピクセル、スマートフォンでは128×128ピクセル、ほとんどのフィーチャーフォンでは36×36ピクセルの大きさでページに表示されます。
  • 正方形になるようにトリミングされます。
ページのカバー写真:
  • コンピュータでは幅820ピクセルx高さ312ピクセル、スマートフォンでは幅640ピクセルx高さ360ピクセルの大きさでページに表示されます。
  • フィーチャーフォンでは表示されません。
  • 元のサイズは少なくとも幅399ピクセルx高さ150ピクセルである必要があります。
  • 幅851ピクセルx高さ315ピクセルで、100キロバイト未満のsRGB JPGファイルだと読み込み時間が短くなります。
ロゴやテキストを含むプロフィール写真やカバー写真には、PNGファイルを使用すると、より良い結果を得ることができます。
引用元:facebook

 

PGファイルがおススメなのかPNGファイルがおススメなのかよく分からない方は、PNGで作ればおkです。

他のサイトに転用もしやすいからね(*^^)v

 

気を付けるポイント

カバー写真作成で一番気を付けなければならないのは、カバー写真とプロフィールは左下で重なってしまうことです。

 

また、重なるポイントや大きさはデバイスによって異なります。

 

そして、Social plugin(ページにいいねをするウィジェット)では左全体が隠れてしまいます。カバー写真の表示がもともと小さいので、これは辛いところです。

 

以上のことから画像の一部で意味を有するような画像を作るべきではないと思います。

 

全体として意味を成すような、現実を切り取った写真などが向いているのではないでしょうか。

 

 

そうとわかれば、それほど複雑ではなさそうですね(*^_^*)
ということで、皆さんも作成してみては?

 - SNS

adsen

adsen

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


  関連記事