A-key function 大学生が始めるべきネットビジネス起業

大学生のうちに始めるべきネットビジネス・資格などを紹介してます。

atomでJavaがコンパイルできない!java・javacに環境変数pathの設定方法【win10】

      2016/10/19

費用:0円 時間:15分

以前、atomというエディタがお勧めだと紹介しました。

webサイトプログラミングならAtomがおすすめエディタ!Github社製です!
費用:0円 時間:5分~ そろそろ自分は初心者卒業や!と思っている人、それとも最初から高機能エディ...

まあ、今俺も使っているのですが、これまではあくまで、htmlやcss用に使ってました。

しかしatomはさまざまな言語に対応しているわけでして、Javaにも対応しているのです。

またパッケージの「script」を利用すると、エディタ画面でコンパイル・実行をすることが可能です。

しかし、何も設定していないなら、何もできません。

エラー、または、文字化けした、何かが出てくるばかりで、コンソールなどは何も表示されないでしょう。

これはatom以外のエディタ(IDE)にも同じことが言えます。例えば、eclipseとかね。

ということで、何をする必要があるのか?方法は?

をすべて紹介したいと思います。

sponsored link

1.JDKをダウンロード・インストールする

まず、javaのコンパイル・実行を行う以上、JDKをインストール必要があります。

JDKとはJava SE Development Kit の略です。まあ簡単に言ってしまえば、Javaの開発キットです。

ダウンロードしていきましょう。

oracle公式ページよりダウンロードしていきましょう。

今回は最新が8u92なので、8u92をダウンロードします。versionが違っても以下の操作は基本的に同じなので安心してください。

まず、Accept License Agreementをクリックしてライセンスに同意しましょう。

各種OSとOSのビット数でダウンロードするファイルを決めます。ちなみに、x86は32ビットで、x64は64ビットです。

windowsの64ビットなら一番下のexeファイルをクリックしてダウンロードしましょう。

JDK

そして、ダウンロードできたら、exeファイルをクリックしてインストールしましょう。

これはすべて既定で大丈夫です。

JDKがインストールされた場所はぜひとも覚えておいてください。

環境変数を設定

JDKのインストールによって、ツールの準備は完了です。

しかし、このままではatomやeclipseといったソフトでは使えません。

理由は、JDKの場所がわからないからです。

そこで、atomやeclipseなどのソフトが利用しているのは、環境変数PATHです。

環境変数とは、簡単に言ってしまえば略語です。

ファイルの場所などが長いから、一語で表したい場合などに利用します。

そして、JDKの場所を表すのに使われる環境変数はPATHというものです。ソフトはPATHにJDKの場所が記載されているという前提で動いているのです!

ということで、環境変数を設定していきましょう。

win10の場合、タスクバー左側にある、Windowsマーク横の検索窓にて、「環境変数」と検索しましょう。

検索

次に環境変数をクリックしましょう。

環境変数せってい 

そして、環境変数の新規・追加作成を行いましょう。

環境変数といっても、ユーザー環境変数・システム環境変数の2通りがあります。

今回は、システム環境変数について編集を行っていきます。

まず、システム環境変数において、Path(大文字・小文字の区別はない)がすでにあるかどうかを確認します。

これはかなり重要なのでキチンと行ってください。

存在しないならば、システム環境変数の新規をクリックしてください。

存在するならば、Pathをダブルクリックまたは、選択したうえで編集をクリックしましょう。

ユーザー環境変数

 

Pathがないということはまれなので、今回は追加の場合で説明します。

その場合、新規をクリックして編集を行いましょう。

入力するのは、インストールしたJDK直下のbinの位置です。

今回、既定でインストールしたのであれば、C:\Program Files\Java\jdk1.8.0_92\bin となるでしょう。JDKのバージョンによって、jdkの後につく数字は変わりますよ。

また、位置が違う場合もあるのでぜひ確認しておきましょう。

環境変数編集

そして、エンターキーをクリックすれば追加できました。OKをクリックしましょう。

確認方法

これでおkだとおもいますが、何らかのミスによってJDKを利用できない場合があるので確認しましょう。

今回はコマンドプロンプトを利用します。

環境変数の時同様に、「コマンドプロンプト」と検索して、コマンドプロンプトを起動しましょう。

 

そこで、

java -version

javac -version

をクリックしましょう。

すると以下のように、JavaとJavacのversionが表示されます。そして、versionがjavaとjavacで一致すれば完了です。

コマンドプロンプト

しかし場合によっては、javacなんて存在しないとか、エラーが表示されます。

その場合、先ほどの環境変数の編集に戻りましょう。

やるべきことは、以下の3つ。

  • スペルの間違いがないか確認する
  • 環境変数の順位を上にする
  • システム環境変数ではなくユーザー環境変数で新規・追加する

です。

一般的にはスペルミスですが、まさかの可能性として、PATHでのJDKの場所に関する規定の順位が低すぎるかもしれません。上へをクリックして順位を一番上にしてみましょう。

順位を上げる

これでもう一度コマンドプロンプトで確認してみてください。

ちゃんと表示されば、atomやeclipseでもJavaのコンパイル・実行が利用できるようになります。

Javaのプログラミングのために頑張っていきましょう!

 

おススメJava入門書

 - PC, おすすめソフト, プログラミング , ,

adsen

adsen

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


  関連記事