A-key function 大学生が始めるべきネットビジネス起業

大学生のうちに始めるべきネットビジネス・資格などを紹介してます。

写真撮影が趣味の大学生必見!初心者におすすめ写真販売サイトTOP3

      2016/06/28

費用:0円 時間:?

写真撮影が趣味だという大学生が多いんじゃないでしょうか?

今の時代、スマホでも高画質の撮影ができるし、ミラーレス一眼の登場で女性でも持ちやすい小型のデジカメで高画質の撮影が可能になりました。

撮影を頻繁にしていると……自分の写真に自信があったり、この写真だったら売れるんじゃないの?

と思う人もいらっしゃるのでは?

ということで、簡単に初心者でも販売することができるサイトを紹介したいと思います。

着目する点は、

  • 値段・ロイヤリティー
  • サイトで公開されている写真枚数
  • 審査の難しさ
  • 写真の最小サイズ

値段・ロイヤリティーですが、サイトのよっては、写真の値段設定は自由or固定ですし、写真が売れた際の取り分のパーセンテージが異なります。優れたクリエイターはロイヤリティーが高いですが、今回は初心者での状態に限って解説します

サイトで公開されている写真枚数ですが、サイトで公開されている写真枚数が多いということは販売ユーザーが多いことを意味し、サイトの閲覧者も多くなります。自分の写真をどのように売るかを考えるときの指標になります。

審査の難しさですが、写真を販売する際には審査を通過する必要があります。なぜなら著作権・肖像権の侵害がないか?それとも同一の写真はないか?を確認する必要があるからです。必要と言えば必要なのですが、審査の程度はサイトによります。

写真の最小サイズですが、サイトによってはかなり高画質な写真しか販売できない場合があります。自分のカメラ・スマホで大丈夫か確認しておきましょう。

ちなみに、ピクセル表示ですが1200万画素(iPhone6s程度)はおよそ4000×3000pxとなります。まあ多少違いますが…。

参考までに。画素とピクセルの対応表です。

200万画素 1600×1200  800万画素 3456×2304
300万画素 2048×1536  1010万画素 3648×2736
400万画素 2304×1728  1280万画素 4368×2912
500万画素 2560×1920  1470万画素 4672×3104
600万画素 2816×2112  1660万画素 4992×3328
700万画素 3072×2304  2100万画素 5616×3744

sponsored link

1.Photolibrary 初心者おすすめ度 ☆☆☆

photolibraly

  • 値段・ロイヤリティー : 値段設定自由。ロイヤリティー 50or60%
  • サイトで公開されている写真枚数 : 3,423,199 枚(2016年6月26日現在)
  • 審査の難しさ : 甘いらしい
  • 写真の最小サイズ : 縦+横で6800ピクセル以上(およそ1010万画素より上)

初心者におすすめだと思います。私もお試しでクリエイター登録して数枚販売したのですが、結構簡単に販売まで行えました。

単価も高いですし、スマホでもいいというのがうれしいですね。

写真素材-フォトライブラリー

 

2.PIXTA 初心者おすすめ度 ☆☆

PIXTA

  • 値段・ロイヤリティー : 値段サイズごと固定。ロイヤリティー22〜42%
  • サイトで公開されている写真枚数 : 素材全体で17,988,499点(2016年6月26日現在)
  • 審査の難しさ : 普通らしい
  • 写真の最小サイズ : 長辺と短辺の合計が1301px以上(スマホは禁止)

日本では最大のデジタル素材サイトですね。最近だと、テレビ番組で利用される画像もPIXTAですよね(;・∀・)

著作権のテストがアカウント登録時に要求されるので、最低限の注意点が勉強できることもいいですね。

3.fotolia by Adobe 初心者おすすめ度 ☆

fotolia

  • 値段・ロイヤリティー : ダウンロード数によって値段固定。ロイヤリティー20~35%
  • サイトで公開されている写真枚数 :5800万以上の枚数(2016年6月26日現在)
  • 審査の難しさ : 厳しいらしい
  • 写真の最小サイズ :2,400 x 1,600px

世界最大級のストックフォトサイトです。adobeの関連サービスなので、世界中のクリエイターが利用してくれます。

高度なクリエイターなら、撮影者・作り手どちらも登録するべきサイトですねえ。

カメラマンビギナーにとっては単価が低いですが圧倒的な販売数が魅力です。

Fotolia

 

こんな感じでしょうか。

写真販売は、審査に時間が掛かったり、売れる写真というのが難しい分野ですが、趣味の延長線という意味では楽しいと思います。

写真を撮ってこれは!と思ったら売りましょう!

他にもスマホユーザーの写真販売アプリとかもあると思うので逐次追加していきます!

では!

 - 小遣い稼ぎ

adsen

adsen

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


  関連記事