A-key function 大学生が始めるべきネットビジネス起業

大学生のうちに始めるべきネットビジネス・資格などを紹介してます。

Search Everythingでカスタムフィールドを含めた検索を可能にしよう!【WordPress】

   

費用:0円 時間:10分

WordPressでカスタムフィールドを新規で作成した!という方は多いのではないでしょうか?

 

しかし、それだけだとただカスタムフィールドが表示できるだけになっているかもしれません((+_+))

 

なぜかと言うと、カスタムフィールドで書かれたテキストはWordpressの検索フォームでは取り扱っていないのです( ;∀;)

 

だから、グルメの記事にカスタムフィールドで「大阪府大阪市」と書いても、Wordpressのサイト内検索で「大阪」と入力しても引っかからないのです!

 

これはカスタムフィールドとしては勿体ないです!

 

ということで、カスタムフィールドの情報も検索結果に考慮されるようにしましょう。

 

そこで役に立つのが、Search Everythingです。

sponsored link

Search Everythingとは?

Search EverythingはWordpressのプラグインであり、名前からもわかるように、様々な情報でWordpressの検索ができるようになります。

一つ要注意としては、カスタムフィールドはすべてが検索の範囲となります。

内部管理やメタ情報としてカスタムフィールドを利用している場合は不向きです。

インストール

WordPress管理画面>>プラグイン>>新規追加 より、「Search Everything」と検索します。

今すぐインストール→有効化をクリックして、有効化をしましょう。

 

設定・使い方

WordPress管理画面>>設定>>Search Everything で設定をしていきましょう。

search everythingの画面作成ウィジェット

まず、このエリアの設定は何も触らなくてもよさそうです。

 

search everthingの基本設定

ここが最重要なので設定していきましょう。

  • すべてのタグ名を検索:タグに記事のキーワードを含んでいる場合は選択しましょう。
  • Search custom taxonomies:カスタムタクソノミーを作成している場合はチェックしておきましょう。
  • すべてのカテゴリー名と説明を検索:Wordpressのカテゴリーには説明文を付与できます。なくてもカテゴリー検索が必要ならチェックです。
  • すべてのコメントを検索:コメントで検索するニーズは掲示板タイプのサイトだけだと思います。
  • すべてのコメント投稿者を検索:コメント投稿者も上記同様です。
  • 承認済みコメントのみを検索: 荒らし・スパム対策にもなります。
  • すべての抜粋を検索:記事ごとに抜粋が設定できるので、その場合は。
  • すべての下書きを検索:下書き検索は不要だと思います。
  • すべてのメディア (アップロードファイル) を検索(投稿タイプが “attachment” のもの):メディアだけに飛ばれと不便かもしれないので、不要かもしれません。ちなみにattachmentは画像などをアップロードしたときに作成されるメディアフォルダです。
  • すべてのカスタムフィールドを検索:カスタムフィールドです。全部が検索範囲でいいならチェックですね。
  • すべての投稿者を検索: ユーザー全員が記事をアップロードしてるならチェックだと思います。
  • 検索キーワードをハイライト: 検索結果でキーワードがハイライト(発色)してわかりやすくなります。
  • ハイライト背景色:ハイライトの色です。

検索エンジンの高度設定

上位設定では、検索対象から除外ができます。

  • 指定した ID の投稿やページを検索対象に含めない:一部の投稿・固定ページを検索から除外できます。
  • 指定したカテゴリーを検索対象に含めない:カテゴリーも一部除外できます。
  • 高度なハイライトスタイル:ハイライトのスタイルをCSSで設定できます。

これでおkだと思います!

 

カスタムフィールドを含めて検索結果が表示されるようになりますよー。

是非ご利用ください。

 

 - プログラミング ,

adsen

adsen

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


  関連記事