A-key function 大学生が始めるべきネットビジネス起業

大学生のうちに始めるべきネットビジネス・資格などを紹介してます。

wordpressの自力バックアップの方法!~データベース編~【ロリポップ win10】

      2016/04/16

費用:0円 時間:15分

記事が30を超えますと、それそろ恐ろしくなります・・・データが消えるのがねーーー!

記事を書くごとにデータを残したりしても、wordpressのカスタマイズをしていると、データを残せるわけもなく。

ロリポップは公式でバックアップの機能があるようで、それを利用したい気持ちですが、月額324円をとられるわけで・・・。

うまい棒を買うかどうかで、ローソンから10分悩む俺にとってはつらいわけで・・・。

ということで、wordpressごと自力でバックアップを取っときましょう!

ロリポップでバックアップのとる方法

まず、バックアップするものはwordpressには二つあることを知っておく必要があります。

  1. データベース
  2. wordpress自体

です。今回はデータベースの保存について行います。

注意:今回のデータベースphpMyAdminによるバックアップ法はあくまで設定などのバックアップであり、画像などのバックアップではありません。

sponsored link

①ユーザーページにてデータベースを開く

ロリポップ公式ページより、ユーザーページにログインしましょう。

そして、webツール>>データベースをクリックしましょう。

ウェブ

操作するをクリックしましょう。

操作

phpMyadminを開くをクリックしましょう。

データベース

別のタブで、phpMyAdminが開くので、そこでログインしましょう。

ユーザー名・パスワード・サーバーの選択は、先ほどのデータベースのものを書き込みましょう。

パスワードはパスワード確認で出てきますよ。

ログイン

左にある名前のうち、wordpressで使われているデータベースのチェックボックスをクリックしましょう。

ちなみにデータベースの名前の調べ方は、FTPなどからwordpressのファイルを開いて、一番上のディレクトリにあるwp-config.phpを開けば、wordpressデータベース名が書いてありますよ。

選択

上にある、エクスポートタブをクリックしましょう。

エクスポート

詳細をえらびます。

エクスポート方法

テーブルは、全選択しておきましょう。

テーブル

出力は特に変更なしで。

出力

こちらも変化なしで。

フォーマット

変化なしで。

フォーマットっ特有のDROP TABLE / VIEW / PROCEDURE / FUNCTION / EVENT コマンドの追加 にチェックを入れておきましょう。

生成オプション

データをダンプするときに使うコマンドはREPLACEにしておきましょう。

だんぷ

変えることはないので、実行しましょう。

官僚

すると、バックアップデータが吐かれます。

場所はどこでもいいので保存しましょう!

ログアウトを忘れずに。

中身の確認は、テキストエディタを使うとみることができます。

文字化けがあるなら、文字コードをUTF-8に変更しましょう。

 

 

 - サイト作成, PC , ,

adsen

adsen

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


  関連記事