A-key function 大学生が始めるべきネットビジネス起業

大学生のうちに始めるべきネットビジネス・資格などを紹介してます。

wordpressにお問い合わせフォームを設置する方法!【Contact Form7】

      2016/02/23

費用:0円 時間:20分

少なくともネットビジネスをやっている身、いろいろなお問合せをいただくこともあります!

ということで、お問合せ用のページを作りたいと思います。

今回は、wordpressのプラグインであるContact Form 7をインストールしたいと思います!

sponsored link

1. Contact Form 7をインストール

まず、管理画面>>プラグイン>>新規追加をクリックしましょう。そして、Contact Form 7をインストールします!

インストール

そして、有効化します!

すると、管理画面の左メニューに「お問い合わせ」という項目が追加されます。

2. インテグレーションの設定を行おう

インテグレーション。まあ、簡単に言うとロボットではなく人であるかの認証のようです。

コメントを書くときに、画像にある数字を描けよ的なあれです。まあ、今回のgoogleさんのシステムだとクリックorタッチで認証できるんですけどね。

まあ、必要がなければ飛ばしてもらっても構いません。

お問い合わせ>>インテグレーションと進んで右上にある、capchaをクリックしましょう。

 

capcha

googleのサイトに飛ぶと思います。そこで、APIを取得しましょう。Get reCAPCHAをクリックします。

 

get capcha

googleにログインしているなら、すぐに登録画面に飛んでいるはずです。

サイトをCAPCHAに登録しましょう。

Labelとは、どのサイトのどのページに設置したかを見極めるラベル・マークだと思ってください。このサイトの場合 akeyfn.xyz: Contact page などのドメイン: ページ名 とするといいですね。

Domainsは、使いたいドメインを書けばおkです。このサイトの場合は、 akeyfn.xyz ですね。

そして、Send alerts to ownersはクリックしたままにしましょう。スパムなどの解析が行えるようになります。

そして、resister!

 

resister

できたら、site key と Secret keyを確認おきましょう。

key

では、お問い合わせのインテグレーションに戻ります。キーを設定するをクリックしましょう。

キーのせってい

先ほど手に入れた、サイトキー・シークレットキーを設定しましょう!そして、保存すると設定が完了します。

キー入力

3.新規作成しよう

wordpress管理画面>>お問い合わせ>>新規追加をクリックします。

日本語でおkなら上の新規追加をクリックしましょう。

日本なら

基本的には何もいじらずともきちんとしたコメントフォームです。

タイトルの設定で終わりというのもありです。

上で書きました、reCAPCHAはreCAPCHAタグがあるので、そちらをクリックすればカーソルの位置に自動で設置されますよ!

reCAPCHA

一応、


[recaptcha]

 

という具合に、<p>で囲んでおいたほうが良いですね。そうしないとコンテンツの間隔がおかしくなるので。

konnnakannji

まあ、他にも数値などで、年齢などをフォームで用意することも可能ですが、お問い合わせには必要ないかなーと。まあECサイトなら必要かもしれないけどね。

そして、保存します。

保存するとショートコードが形成されます。

ショートコード

これを張り付けたい記事のテキスト(ビジュアルversionではない)に張り付けましょう!

すると・・・こうなります!

kekka

送られたメッセージはwordpressに登録しているメールアドレスに届きます。wordpressのダッシュボードには表示されないのでお間違えなく!

皆さんもお試しあれ!

 - サイト作成 , ,

adsen

adsen

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


  関連記事