A-key function 大学生が始めるべきネットビジネス起業

大学生のうちに始めるべきネットビジネス・資格などを紹介してます。

WordPressへの不正アクセスが見れるプラグイン【Crazy Bone】

   

費用:0円 時間:5分

不正アクセス。

 

ネットで生活をしている以上、目を背けることができない不正アクセス。

 

不正アクセス未遂を確認する方法というのはあまりなく、不正アクセスされきってしまった?後にわかるということが珍しくありません・・・。

 

とはいえ、

「俺のサイトそんなに人気ないし、不正アクセスやってないでしょ?たぶん」

って思ってしまうことがあるのではないでしょうか。

 

これは危険ですね。

 

一応、どんなに不正アクセス未遂があったか?確認しましょう。

sponsored link

Crazy Bone

WordPressで作成したサイトの管理画面に、どのIPからいつアクセスがあったかを簡単に確認することができます。

要するに、自分以外のIPからの管理画面のアクセスがあれば不正アクセス未遂というわけです。

無料で利用できるプラグインです。

 

インストール方法

Wordress管理画面>>プラグイン>>新規追加 と進んで、Crazy Boneと検索しましょう。

crazy-bone

そして今すぐインストールして有効化しましょう。

これで完了です。

使い方

Wordress 管理画面>>ユーザー>>ログイン履歴 と進みましょう。

使い方はいたって簡単!

1.まず、ログイン履歴を見たいユーザーを選択します。

2.履歴を閲覧したいステータス(ログイン/ログアウト/ログインエラー)を選択します。

そして、フィルターを適用すれば自分自身のログインステータスも含まれる履歴を見ることができます。

%e3%83%ad%e3%82%b0%e3%82%a4%e3%83%b3%e5%b1%a5%e6%ad%b4

不正アクセス未遂を確認したいならば、ユーザー全てを選択して、閲覧したいステータスをlogin_errorとすれば、不正アクセス未遂しようとした不届きもののIPがわかるというわけです。

ユーザー全てを選択して、閲覧したいステータスを空欄にしてフィルター適用すると、login/out/errorを行ったすべてのIPがわかります。自分のIP以外のIPがログインしていたら…怖いね…。

 

ちなみに、プラグインを入れて有効化した後からのログインステータスしか確認できないのであしからず。

当然ですがプラグインを入れる前のステータスは分かりません(-。-)y-゜゜゜

1週間くらい待てば不正アクセスがあるかわかります。

 

まあお試しで入れてみてはいかがでしょうか?

 - PC, サイト作成 ,

adsen

adsen

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


  関連記事