A-key function 大学生が始めるべきネットビジネス起業

大学生のうちに始めるべきネットビジネス・資格などを紹介してます。

win10を使ってるなら、仮想デスクトップをうまく使おう!【タスクビュー】

      2016/05/09

費用:0円 時間:2分

win10を使っている。

ならば、win10に実装されている機能をすべて知っていることは重要です。

自分に必要な機能かどうかはさておき、機能を知らないということは、損をしています。

そんな中で、かなり便利なのに意外にみんなが知らない・使っていない機能があるなあと思いました。

それが仮想デスクトップ機能です。

何それ?

アップルのMacを利用している方はOSXで実装されていた機能なのでご存知だと思いますが、我らがwindowsでは初の機能です。

今、パソコンでこのページを見ていらっしゃる方は、デスクトップ上に少なくともブラウザを開いていますよね。

場合によっては、wordやexcelなどの他のソフトも開いているでしょう。

現状

如何に大きな画面であっても、3つぐらいのソフトを同時に開いていると、同時に画面をみることは出来ませんよね?

ソフトのウィンドウが重なってしまうわけです。

これって不便( ̄▽ ̄)

例えば…itunesで音楽を聴きながら、ブラウザで調べものをしながらExcelにデータを書き込み、Wordの資料を見ながらPowerPointでプレゼンを作成する。

内容が重なり合って、一つのデスクトップに表示するには効率が悪いですね。word見たいのに、ブラウザが邪魔だ!みたいな( ̄▽ ̄)

複数のデスクトップに分けて、内容別にしたほうが良いに決まってます。

  • 音楽
  • Excel編集
  • PowerPoint編集

にしたら効率良いよね。

他にも、趣味用デスクトップと業務用デスクトップみたいな感じとか?色々使い勝手はある。

一つの画面で、複数のデスクトップ表示を可能にするのが、仮想デスクトップ機能なのです!

さてじゃあ使い方を見ていきましょう。

sponsored link

仮想デスクトップ機能の使い方

仮想デスクトップ生成

タスクバーの検索窓横にあるタスクビューをクリックしましょう。

仮想デスクトップ

すると、今のデスクトップで開いているウィンドウが一覧で表示されます。

現在のwindow

まあ、この機能だけでもタスクビューは便利なのですが、画面右下の【新しいデスクトップ】をクリックしましょう。

新しいデスクトップ

すると画面の中央下にデスクトップ1・デスクトップ2のように仮想デスクトップが生成されました。同じように【新しいデスクトップ】をクリックすれば、複数生成することも可能です。

複数デスクトップ

ここでデスクトップ1をクリックすれば、これまでのデスクトップが表示され、デスクトップ2をクリックすれば、新しいデスクトップが表示されます。

仮想デスクトップにウインドウ移動

現在、ソフトのウィンドウはデスクトップ1にしか存在しません。

デスクトップ2で新規にソフトを起動してウィンドウを開いてもよいのですが、デスクトップ1で既に開いているウィンドウを移動させましょう。

やり方は簡単。開いているウィンドウを下のデスクトップ2にドラッグ&ドロップすればおkです。

ドラッグ&ドロップ

これで移動ができます。

ショートカットキー

デスクトップの切り替え ctrl + win +  → or  ←

で切り換えることができます。

 - PC

adsen

adsen

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


  関連記事