A-key function 大学生が始めるべきネットビジネス起業

大学生のうちに始めるべきネットビジネス・資格などを紹介してます。

CentOS6にphpをインストールする方法【ローカル開発環境】

      2016/09/19

費用:0円 時間:5分

前回は、windowsのローカル開発環境のCentOSのセットアップまでを解説しました。

そこからは、ドットインストールに丸投げしようと考えたのですが、ダメなようです。

ドットインストールの指示に従って、言語をインストールしようとすると、pythonしかインストールできないみたいですね(; ・`д・´)

ということで、phpをインストールしようと思います。

sponsored link

phpのインストール方法

では、puttyを起動しログインしましょう。

そして、以下のコードをコピーペーストしてください。

yum install epel-release
rpm -Uvh http://rpms.famillecollet.com/enterprise/remi-release-6.rpm

 

そして、

管理者権限でのログインをしましょう。

su -

と入力し、vagrantのパスワードを入力しましょう。

そして、以下のコードをコピペしましょう。

yum install --enablerepo=remi,remi-php56 php php-devel php-mbstring php-pdo php-gd

 

途中で、y/nと聞かれるので、yと入力して、エンターしましょう。

すると、インストール完了です。

 

インストールしているかどうかの確認方法は、

php --version

でversionが表示されればおkです。

 

そのほかにコンポーザーとかもありますがそれは個人個人で。

 - PC, プログラミング, おすすめソフト ,

adsen

adsen

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


  関連記事