A-key function 大学生が始めるべきネットビジネス起業

大学生のうちに始めるべきネットビジネス・資格などを紹介してます。

社会人になる前には実印・銀行印は最低限用意しておこう。

      2017/04/30

費用:?円 時間:一週間程度

社会人になって必要なものはかなり多いです。

 

大学生まででは必要じゃなかったものが、社会人になって突然必要となるってことは山ほどある。

 

その代表的なものが実印です。

 

sponsored link

実印とは

実印とは、住民登録している市区町村の役所にて、住民票に記載されている姓名を利用した印鑑を登録することによって、効力をもった印鑑のこと。

 

公的文書の作成や、各種契約の際には必須となる。

たとえば以下の場合で必要となる。

  • 公正証書の作成
  • 貸借証書・契約書の作成
  • 法人登記
  • 遺産相続
  • 保険金・補償金の受け取り

 

公正証書を作る人はほとんどいないと思うけど、賃貸借契約(マンション・アパートを借りる)ことはあるのではないでしょうか。

 

つまり、社会人となったなら要ります。

 

実印の要件

  1. 住民登録している市区町村の役所での登録
  2. 住民票に記載されている姓名を用いている
  3. 印鑑には苗字だけでもフルネームでもおk
  4. シャチハタでなければ100均の三文判でもいい
  5. 印影のサイズが8mmの正方形に収まらず、25mmの正方形からはみださない

という感じ。

結構自由度が高いですね。

 

しかし、自由度が高いからと言って適当に作るとトンデモない目に遭います。

 

簡単な印鑑は偽造することが簡単で、偽造した実印で本人のふりをして勝手に契約を結ばれてしまうなんてことがあるのです。

 

ゆえに、偽造が難しいような個性的な印鑑を作る必要があります。

 

そのためには100均の三文判なんて登録しちゃいけないってわけですね。

 

俺のおススメは、フルネームで高価な手彫り・手作りの印鑑です。まあ手作りになると恐ろしい値段なので20代だと難しいですが・・・。

 

ちなみに銀行印

銀行印も実印とほぼ条件が同じです。

実印と違うのは、銀行印が役所で登録する必要がなく、銀行などの金融機関でのみ利用するという点。

 

名字だけでもいいしフルネームでもいいのは同じ。

 

実印・銀行印のサイズ

一般的に実印と銀行印はセットで購入することが多く、実印と銀行印を区別するために、銀行印は実印より小さめのサイズを選ぶことが多い。

また、押しやすさの点から、女性は男性より小さいものを選ぶことが多い。

  • 実印=  男性:直径15~18センチ , 女性:直径13.5~16.5センチ
  • 銀行印= 男性:直径13~15センチ , 女性:直径12~15センチ

 

実印って高い?

実印は人生で何回も作るものではありません。

 

場合によっては人生で一つの実印だけってことがよくあります。銀行印も同じですね。

 

ゆえに高い印鑑を実印に・・・というのは一般的ですね。

 

しかし、社会人になりたての時にあまり安価な実印というのもリアリティーがないですよね。

 

そんなときは二つ方法があります。

 

大学生協で買う

大学を卒業する際に、大学生協から連絡が来ると思うのですが、出資金の返還か印鑑セットの購入かを聞かれます。

出資金は大学の入学時に支払った金銭で、2万円程度だったと思います。

印鑑はその2万程度の返金の代わりに・・・と言うことです。

 

まあ、別に特段のこだわりがないならこれでもいいと思います。

 

しかし、これは非常に高いです。

そして、印鑑セットには不必要なものも入っています。

一般的には、実印+銀行印+認め印付きネームペンの三点セットです。

 

これが2万そこら?高すぎる。認め印に至っては100均の三文判でもいいしね。

 

ネットで購入 ←おススメ

印鑑を購入するのは町のハンコ屋でもできますがやっぱり高い。

大学生協よりも高かったりする。

 

そんなときにはネット購入がおススメ。

ハイクオリティーな印鑑をかなり安価に短期間(即日出荷もある)に購入できる!!

 

実際に俺が実印を手に入れた方法もネット購入だったりします。

 

3000円くらいの実印が手に入ったりするのはネット購入だけですね。

 

詳細はまた、他の記事で!

 

 

と言う感じですね。

 

必要になってから焦るのではなく、事前に用意しておくと楽ですよ(*^^)v

 - 日常ネタ

adsen

adsen

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


  関連記事